Sign in

コロナ禍に見舞われ株価が急落していくのを見てすぐ、私はビットコインの価格をチェックし「駄目じゃないか」と憤った。株価に引き摺られずにいたならば購入しようかと考えていたからだ。2017年から暇を見付けてはビットコインFXをショートしていたにも関わらずガッカリしていた。ただ底からの回復が思っていたよりも早いように感じた。「私は何かを見誤っているのでは?」と考えるようになり、仮想通貨コミュニティを見て廻ることにした。結局、良いタイミングでビットコインを購入できたかもしれない。

現在2021年3月、FOMCのハト派姿勢を見たにも関わらず相場は様子見ムードを呈しているように感じる。米国はバブル(インフレ)相場に入るのか?それとも最悪の想定として日本化という泥沼に落ちるのか?

だが、私が一番懸念を感じたことはこの「コロナ禍」という現象それ自体だった。何をそれほど恐れることがあろうかと世間に共感を持てないでいたからだ(ちなみに私は陰謀論者ではない)。しかしこれで完全に流れが変わったことは見えた。マネーが暗号資産市場に流入するだろうと。

話変わって、私が初めて自分のお金でパソコンを購入したのは1999年だったろうか。その2年前にはアジア通貨危機があった。その当時、某MMORPGをやってみたが楽しめなかった。5年後、そのタイトルのバージョン2には大いにハマり、それの栄枯盛衰を見た。そしてリーマンショックがやってくる。

現在NFTがバブルの様相を呈している。牽引しているのは米国と韓国。状況が似てきているように感じる。私世代の子供たちにMMOブームが再度訪れることがあるかもしれない。仮にそうなった時、リアル・マネー・トレードはトークン・トレードに取って代わる。その時どんなポジションに居たいだろうか?プレイヤー?いや、プラットフォームまたはインフラを提供していたい。一般人の立場でそんなことは可能だろうか?

今のところGalaトークンを扱っているのはUniswapBitrueだけのようだ。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store